好き避け 心理 特徴 態度

好き避けの心理〜特徴や態度〜

スポンサーリンク

>好きなのにその相手を避けてしまう、その行為を好き避けといいますが、なぜそのようなことをしてしまうのでしょうか。
まずこのようなことをしてしまう人の特徴として、大人しめの女性或いは男性が挙げられます。
好きな人に近づく事は恥ずかしかったり、緊張してしまうことからなかなか近づけなってしまい、好き避けをしてしまうのです。
また自分に自信がない人の中にも、このような事をしてしまう人がいるでしょう。
周りのライバルに勝てるわけないと消極的な考えをしてしまい、近づく事を恐れてしまうのです。
しかし好意を抱いている人には、出来る事なら近づいて距離を縮めたいと思うものです。
好き避けをしないようにするには、どうしたらいいのでしょうか。
スポンサーリンク

対策として大切な事は、ネガティブな発想や自信がないという、好き避けの要因になっている所を変化させる事です。
ここを変化させない限り、対策出来ないでしょう。
例えば、何か一つ周りに自慢できる事を見つけることで、自信を持つ事ができます。
ポジティブになるためには、失敗したらどうしようと考えるのではなく、何とかなると考える事が大切です。
しかし、このような方法ですぐに変化させる事は出来ません。
時間をかけてゆっくり変化させましょう。
そうすることで緊張や不安を感じることなく、魅力的な話が出来るよう計算することができます。
また、好意を寄せる相手にしばらく会うのを止めてみましょう。
すると会いたいという気持ちの方が大きくなり、話しかけに行きたくなり更に久々に会った感動まで味わう事ができます。
このような対策をしっかりと練って、好きな人に近づけるように努力しましょう。
スポンサーリンク