好き避け 女性 視線

好き避け女性が視線をそらす理由

スポンサーリンク

好きなのについつい避けてしまう、いわゆる好き避けをしてしまう女性がいます。
本人にとっても相手にとっても困ってしまう症状ですが、最近増えていると言います。
好き避けをしてしまう人は害して天邪鬼な性格です。
本当は好きなのに、悟られてしまうことが恥ずかしいのです。
例えば、好きな人のことは、自然と目で追ってしまうものです。
しかし、相手がその視線に気づいて目が合うと、ついつい視線をそらしてしまいます。
こうなると、相手は自分が嫌で目をそらしたのかな、と感じてしまいます。
そうではなく、目が合ってしまったことが純粋に恥ずかしいだけなのですが、相手には伝わりません。
もし、自分が好きだということを気づかれて、嫌がられたらと思うと怖いのです。
スポンサーリンク

そのような女性はついつい本心とは裏腹に憎まれ口をたたいたりしてしまいます。
しかし、憎まれ口をたたくということは、意識している証拠です。
愛の反対は憎しみではなく無関心である、と言いますね。
つまり、無関心な状態ではないから憎まれ口をたたくのです。
これと同じように、視線をそらすのも意識しているからそらすのです。
何とも思っていない相手と目が合っても、別に景色を見ているのと変わりないのですから。
また、相手が一人になった時に、急に話しかけてくるのも好き避け女性の特徴です。
彼女たちは周囲の視線を気にしています。
プライドが高く失敗を極端に恐れ、恥ずかしがりやで繊細です。
ですから、好きな相手に親しげに話しかけているところを周囲の人に見られたくないのです。
そのような態度を取られたら、実はチャンス。
なごやかなムードで会話ができるようになれば、心を開いてくれるでしょう。
スポンサーリンク