好き避け 誤解

好き避けは誤解を招きかねないので注意が必要です

スポンサーリンク

好意を持っている異性に接する時に、ついつい避けてしまうという方も多くいらっしゃいます。
時には話しかけられているのに無視をしてしまうなど、心の内とは裏腹に好き避けをしてしまうのです。
また意中の相手のことが好きだからこそ、目を見て話すことができなかったり頭の中が真っ白になってしまい何も話せなくなってしまうということもありますし、照れ隠しで冷たくあしらってしまうということもあります。
ですが、そういった本心はなかなか理解してもらえることではありません。
ですから好き避けをすることによって、意中の相手に誤解を与えてしまいかねないのです。
このような逆効果になってしまっては、思いが伝わるどころか心がどんどん離れていってしまうことにもなるのです。
スポンサーリンク

好き避けはお互いの心の距離を遠ざけてしまう危険な行為でもありますので、勇気を出して意中の相手に対して優しい態度をとるように努力することも大切です。
まずは自分自身の気持ちに素直になれるように努力し、純粋な気持ちで接することができれば徐々にお互いの距離も近付いて行きます。
ですから好き避けは本心をごまかして自分自身を守るための行動であり、相手の気持ちを考えていない行動にとられてしまうこともあります。
恋愛を成就させたいのであれば、ストレートに気持ちを伝えることがいちばんの近道です。
後悔をしないためにも、積極的に明るい笑顔やポジティブな言動を発するように心がけることで、意中の相手に好印象を与えることが重要です。
このように好き避けは誤解を与えるリスクがありますので、ありのままの気持ちをふつけることがベストです。
スポンサーリンク