好き避け 目線

好き避けをしている場合は目線が合います

スポンサーリンク

好きな人がいると、誰から見てもわかりやすい人がいる一方で、好きだから避けてしまうような内気な人もいます。
初恋の場合に多いのですが、恋をしていることに自分自身が戸惑っていまい、相手にどんな対応をして良いのかわからない場合があります。
そして、好きな気持ちを相手に気づかれてはいけないと思い、つい好き避けをしてしまうのです。
本当は相手と関わりたいし、近くに行きたいのだけど、鼓動が早くなることで自分自身が冷静さを保てるのかわからなくなっています。
近づくと、相手に気づかれてしまうのではないかと不安に思ってしまうのです。
このような人を好きになってしまった場合、相手との距離を縮めることは簡単ではありません。
長期戦で考えましょう。
スポンサーリンク

 好き避けをしていても、好きな人を見ていたい気持ちはありますので、つい目で追ってしまう場合があります。
このような人は、目線が合うなと感じることが多ければ、好かれている可能性が高いです。
好きでなければ、相手を見ようともしませんので、目線で気持ちを察する必用があります。
 好き避けをしてしまうタイプの人と距離を縮めることは難しいですが、一途なタイプの人が多いので、浮気される心配はありません。
好きになると、その人しか見えなくなる傾向が強いので、恋人になれば大事にしてもらえます。
突然告白をするのではなく、まずは連絡先を交換して、メールなどのやり取りをすることをお勧めします。
会って話すと緊張してしまうタイプの方は、初めはメールの方が良いです。
スポンサーリンク