好き避け 疲れた

好き避けの特徴と、気になる人に好き避けされて疲れたら

スポンサーリンク

好き避けをしてしまう人の特徴に、人馴れをしていない内気さや、異性に対しためらいがちな態度をとる傾向があります。
さらに、今までの人生で積極的に自分から踏み込もうとせずに受け身に生きてきた人や、相手に対して気遣いをしすぎて自分の好きという気持ちが迷惑かもしれないと恐れてしまう人も、素直になれずに敢えて避ける行動に出やすいのです。
そういった人は本心は相手のことが好きで気になるので、それが行動や態度に出ます。
避けているくせにしょっちゅう相手の方を見ていたり、相手の近くにいたりするのです。
ふと顔を上げると視線が合ってしまい慌ててそらすとか、近くにいたのに気が付くと慌てて遠ざかるなどの不自然な行動をします。
スポンサーリンク

気になる人から好き避けをされると、その真意を図ろうとして悶々と考えてしまい疲れたという話はよくあります。
でも好き避けする側も、意外と疲れていたりするのです。
好きだけど避けてしまうので、相手にどう思われているか気になります。
気になる相手にはさらにあれこれ考えてしまい、すごく疲れたと感じたために避けてしまう場合があります。
そんな人には思い切ってこちらから積極的に近づくと、意外と親密になれたりします。
受け身の人なので、気になる相手から近づいてくれることを内心望んでいるからです。
その人が相手に馴れるまでに時間がかかるかもしれませんが、一度親しく慣れたら心強い味方となってくれるでしょう。
また、人に対し気遣いができる特徴を持っているので、心を配ってくれて素敵な関係を持てたりします。
スポンサーリンク