好き避け 後悔 告白

好き避けをして告白出来ずに後悔する人がいます

スポンサーリンク

好きな人がいると嬉しくて顔に出てしまう人もいますが、反対に好きだからこそ相手を避けてしまうタイプの人もいます。
内気な人や異性と話すことが苦手な人に多い傾向がありますが、恋愛に関しては損とも言えます。
好きと態度で示して欲しい人の方が多いからです。
例えば、好きな相手がいても無表情で接したり、まるで嫌っているかのような態度を取る人もいます。
近づいてきても離れて行ってしまうことを好き避けと言います。
このようなタイプの人は、告白も出来ずに後悔してしまうことが多いです。
相手から好かれて告白されなければ、そのまま縁は切れてしまいます。
同じ学校にいる場合には、卒業するまでには好きだということをアピールしておかなければなりません。
スポンサーリンク

 人は、自分のことを好きな人に興味を持ち好感を持つものです。
好き避けをしてしまう傾向のある人は、相手に好意があることは伝えておかなければ、相手と仲良くなれません。
無表情で話したりすることを止めて、出来れば相手を特別な対象として笑いかけたりすると、だいぶ印象が変わります。
学生の時は、初恋の場合が多く、好きな人に気持ちをばれたくないという思いがありますが、誰でも異性から好かれて嫌な人はいません。
例え、好きなタイプの人ではなくても、好かれていると知れば意識してしまいものです。
告白出来ずに後から後悔するよりも、思いを伝えて後悔した方が自分に自信が持てます。
思いを伝えれば、相手も好きになってくれるかもしれません。
スポンサーリンク