好き避け 女性 挨拶

好き避けな挨拶をしてしまう女性の心理に迫る

スポンサーリンク

相手のことが好きなのに、反対の態度をとってしまうのが好き避けです。
本人を目の前にすると恥ずかしくて、それを隠そうとして好き避けをしてしまうのでしょう。
好きな相手と直接触れ合える機会が挨拶ですが、特に女性であれば笑顔で気持ちを表現できるチャンスにもなります。
しかし、ここでも素直になれずに、好き避け行動に出てしまう人もいるのです。
それがどういったものかと言えば、相手の顔をあえて見ずに、そっけない態度で小声で挨拶をしたりするなどです。
こういう態度をされるとあまりいい印象にはなりませんが、分かってはいてもついつい冷たい態度に出てしまうのが悩みの種です。
女性であれば特に礼儀を厳しく見られることもあるので、相手からすれば礼儀正しくない人と思われたり、嫌われていると感じてしまうことだってあるかもしれません。
スポンサーリンク

男性はこういった女性の好き避け行動が、なかなかできないという人は多いでしょう。
素直な女性を求める傾向があるので、なおさら理解に苦しみます。
しかし、この特徴的な心理を知ってしまえば、逆にかわいらしいと思う人もいるのではないでしょうか。
好きなあまりそういう態度に出てしまって、あとあと後悔してしまうところは、男性から見れば、おかしくもありかわいらしい人だなと思わずにはいられません。
いつも好き避けをしてしまう女性は、挨拶をするときに勇気を出して素直な面を少し出してみると、相手から「いつもとは違う」と逆に印象的に写る可能性もあります。
「この人こういう一面もあるんだな」と思われるかもしれませんし、そのギャップに引かれることもないとは言いきれません。
挨拶をする機会は多いですから、少しずつ気持ちを出していくようにすれば、相手から気づいてもらうことも期待できるでしょう。
スポンサーリンク