好き避け 男性 メール

好き避け男性か二度のお誘いメールで確かめる

スポンサーリンク

相手のことが気になっているのに、話しかけられると冷たく対応してしまう、好きなのに面と向かい合うと恥ずかしくて素直に話をすることができない、そんな態度や行動を取ってしまうことを好き避けと言います。
最近流行の、いわゆるツンデレのようなものですが、相手の取っている言動が好き避けによる態度なのか、本当に嫌いなのかを見極めるのはなかなか難しいことです。
特にそれが表情の見えないメールになると、文字だけでは余計に判断をするのが難しくなるでしょう。
そこで好き避けをしている男性へのメールの対応方法をご紹介するので、あなたの気になっている男性の態度と比べてどうなのか、相手の本当の気持ちを判断をする材料にしてみてください。
スポンサーリンク

好き避けは照れ隠しや、自分の気持ちを知られたくないという人が取ってしまう行動で、シャイだったり自分に自信がない人がこんな行動を取ってしまいます。
嫌われたら嫌だという気持ちが強すぎるあまり、素直な気持ちを表現できないのです。
そんな男性には、相手からの積極的なアプローチを待っても無駄なことが多いので、あなたの方から積極的にアプローチをしていきましょう。
例えばデートのお誘いメールをしたのに、相手にそっけない態度を取られてしまったら、一度は素直に諦めてみます。
そうすると相手の男性も、本当はデートをしたいのに自分の態度が悪かったかなという罪悪感を感じ、次の誘いは素直に乗ってくる可能性が高いです。
本当に嫌われている場合は、何度誘っても返事は変わらないので、二度目の誘いを了承してくれたら、好き避けの可能性が高いと言えます。
二度目のお誘いメールをきっかけに、素敵な関係に発展すると良いですね。
スポンサーリンク