好き避け 怒る

好き避けは下手すると怒る事に繋がってしまう事について

スポンサーリンク

好きだからこそ避けてしまう【好き避け】ですが、内心がどうあれ避けている以上は相手が怒る理由となってしまいます。
様々な理由から素直になれないだけですが、あまり怒る理由を与えてしまいますと、不快に思われてしまいますので、上手くいくものもいかなくなってしまう恐れがあります。
 例えば「あまのじゃく」である事が理由である場合です。
思春期の頃の思いを持ったまま、素直になれない事から本音とは全く逆の事、避ける事をしてしまうという事はあると思いますが、相手からすれば「良かれ」と思っての事という事がありますので、それに対して嫌な反応をされてますと、当然不快な思いになりますし、場合によっては怒る事に繋がってしまう事があります。
スポンサーリンク

 好き避けの理由の一つであり、その中でも比較的に軽い方である「あまのじゃく」ですら、怒る理由と成り得てしまいますので、ツンデレも程々にしないと後悔する事になってしまう可能性は高いです。
 これへの対処方は、変な意地もプライドも持たず、なるべく素直に接する事です。
恥ずかしさなどの理由もあるとは思いますが、何時の時代も恋愛事情は戦いです。
意中の相手が誰にでも優しい方ですと、その方を好きになる人は他にいても不思議ではなく、あまりこじらせてしまうと枕を涙で濡らさなければならない未来になってしまうという事も有り得ます。
 素直になるのはかなり難しい事です。
場合によっては勘違いだったという事もあります。
しかしながら、もしそうで無かった場合――つまり、相手は本気だった場合、素直になれないと折角の好機を逃す事になります。
幸運の女神に後ろ髪はありません。
舞い降りてきた好機を逃さないようにするには、素直になるのが一番手っ取り早いです。
スポンサーリンク