好き避け 無表情

好きな人がいても無表情で好き避けをしてしまう人もいます

スポンサーリンク

好きな人が出来ても、相手に思いを知られることは恥ずかしいと感じて、相手にばれないようにする人は多いです。
思春期の男女が好き避けをしてしまう傾向にあります。
性格的には内気な方や恥ずかしがり屋の方に多いです。
明るく積極的に異性と話せるタイプの人にはわからないことかもしれませんが、内気な男女は異性と話すだけでも緊張してしまうのです。
ドキドキして心臓の音が相手に聞こえたらどうしようと焦る傾向にあります。
顔が赤くなったりするので、他の人に気づかれてしまいやすいですが、本人としては誰にも好きな思いに気づかれやくないと感じています。
そして、誰にもわからないようにする為に、好きな相手が近づいてきても、無表情で接します。
スポンサーリンク

 本当は、好きな人が近くに来てくれるだけで、とても嬉しい気持ちになっています。
しかし、思いを気づかれたら相手に嫌われてしまうのではないかと思い、無表情で接するのです。
このようなタイプの人は、積極的な人から見たら少しわかりにくい人かもしれません。
好き避けをしてしまうと、相手から見ると距離を置かれているのかなと感じるからです。
しかし、好きだからこそ相手に気持ちを明かせなくて、このような態度になってしまうことを理解しましょう。
好意があるのか確かめる方法は、相手に近づいてみることです。
名前を呼んだ時に驚いた顔をしたり、瞬きが多くなったりすれば、確実に相手のことを異性として意識しているということです。
無表情でも本当は好意があると思っておきましょう。
スポンサーリンク