好き避け 行動パターン

好き避けをしてしまう人にありがちな行動パターン

スポンサーリンク

相手のことが好きだけど、ついつい避けてしまうような行動をとってしまう人はいないでしょうか。
好きという気持ちがすぐに相手に分かってしまっては、やっぱり恥ずかしいものです。
そんな好き避けでよくありがちな行動パターンを見ていくと、当てはまる人もいるかもしれません。
また、嫌われていると思っている相手に対しても、これを見ていけば好意を持たれている可能性もあります。
具体的な行動パターンには、メールをしても返信をすぐに返さなかったり、電話にも気が付かないふりをしてなかなか出ようとはしません。
すぐに反応してしまうと、「ひょっとして好きなのかな」と思われるのが恥ずかしいので、あえて興味のないふりをしてしまいます。
好き避けをしてしまう人は、本当は連絡が来るのを待ち遠しにしているのに、その気持ちを正直に出すことが苦手なのです。
スポンサーリンク

次に、相手と話していてもそっけなかったり、冷たい態度をとってしまうこともあります。
いろんなことを話していきたいはずなのに、変なプライドが邪魔してしまうので後悔することも少なくありません。
そして、あえて相手のことを批判することもよくあり、相手に同調しようとはしません。
これには、相手からも嫌われていると思われても仕方ありませんが、実は好きの表れなのです。
好き避けの行動パターンは、好意を持たれてることの反対パターンとなってしまうので、その心理を探るのはとても難しいです。
けれども、恋愛感情を持ってしまえば誰でも少しは当てはまることなので、この感情が理解できる人もいるでしょう。
いざというときは、本当の思いを見せていくことは大切ですし、「好き避けなのかな」と思われる相手に対しても、その思いを少しは期待することができるでしょう。
スポンサーリンク