男性心理 ボディタッチ 手

触れたい男性心理 ボディタッチは手からが基本

スポンサーリンク

男性心理としましては、正直なところ、女性に対しましては、「触れてみたい」という気持ちが、大なり小なりあるものです。
 それが特に意中の女性が相手でしたら、なおさらでしょう。
 しかしもちろん、いきなり相手に勝手に触ったりはできません。
そんな事をすれば犯罪ですし、よっぽど普段から脈ありでもなければ、その女性とはかえって気まずい関係になって、遠縁になってしまうでしょう。
 しかしその一方で、「ボディタッチ」というものは、親しい間柄だからこそできるものと言うのであれば、それを意識してしまうのは当然とも言えます。
 そこでそんな男性心理としましては、意中の彼女と触れ合えるような関係になるという事は、恋愛の第一歩であり、どうしても意識してしまうものでしょう。
 ではそうしたものを実践できるようになるためには、どのようにアプローチしていけばいいのでしょうか。
 その人に触れる、という事は、はっきり言って付き合ってしまえば、いくらでも無理なく自然に実践できるでしょう。
 ですからここでは、まだ付き合っていない状態から、付き合える関係くらいまで、接近するためのテクニックとしての「接触」を説明していきます。
 これは大半の人が想像できるでしょうが、「ボディタッチ」として、もっとも自然に触れられる部位は、「手」です。
スポンサーリンク

 これは想像してもらえばわかる事でしょう。
 逆にこれ以外に、自然に「ボディタッチ」できる部分というものは、あまりありません。
 せいぜい向こうを向いている人を呼ぶ意味で、その「肩を叩く」というものがあるくらいですが、これも基本的には、「声をかける」方が自然ですし、その対象が女性でしたら、いくら呼ぶという意味があっても、いきなり肩なんて触ったら、場合によってはセクハラともとられかねません。
 そういう意味で、簡単に相手に触ったりもできない点を考えれば、やはり他には考えられないでしょう。
 あまり日本の女性にはない風習ですが、海外では挨拶の基本は「握手」ですし、ここならば挨拶として触れて、もっとも自然な部分なのです。
 しかし日本でいきなり、女性に握手を求めるのも、ある意味で不自然と言えます。
そこで最初の接触としてよく使われるのが、「手相を見てあげる」というものです。
 これならば触れても不自然な事はありませんし、そういった占い等には、興味を持っている女性は多いですから、意外と簡単に接触が可能という部分があります。
 実際、恋愛の指南書のようなものでも、この方法は良く使われる定番ですし、男性心理としましても、そう抵抗もなく実践できるでしょう。
スポンサーリンク