好き避け 嫌われる

好き避けは気を付けないと嫌われる件

スポンサーリンク

好きだからこそ避けてしまう――それが「好き避け」です。
 理由は【あまのじゃく】、【気付いて欲しいという受け身】、【無邪気な振る舞いへの苦手意識】、【受け身持論】、【嫉妬】、【過去からの呪縛】、【不倫体質】、【好きな相手は友達の彼氏ないし彼女だった】、【TPOを無視する相手】、【体質的な悩みから】と軽く挙げてもこれだけあります。
 どれもこれも「好き避け」になってしまう理由には、十分過ぎる理由です。
特に【好きな相手が友達の彼氏ないし彼女だった】という場合です。
二兎追うものは一兎をも得ずという言葉の通り、友達も好きになった異性の事も大切にしたいという気持ちがあれば、そういう心理になるのは致し方ない事です。
スポンサーリンク

 ですが、これらの理由はいずれにおいても度が過ぎれば、確実に嫌われる事になってしまいます。
 軽度であれば、どれも可愛いものです。
好きになった異性がそれを許してくれる寛容で寛大な心の持ち主であれば、そういう事にはならないです。
 でも、世の中そういう人ばかりではないです。
上記に挙げた理由の一つ【不倫体質】にしてみましても、良い見方をすれば「経験豊富」という事になりますが、こういう見方をしてくれる人はまず少数派です。
男女問わず、嫌な要因であり、嫌われる事になっても文句は言えません。
 ならば、どうすれば嫌われる事は無いのかという事ですが、この解決策は「素直に誠実になる」という事が一番の解決策で特効薬です。
これもこれで度が過ぎると「生真面目」と評価されてしまいますが、「素直で誠実な人」を嫌う人はそうそういません。
そうではない人はいるかもしれませんが、それは少数派です。
大半の人が少なくとも好感を持てます。
 だから嫌われる事を恐れるのであれば、すぐには無理でも少しずつ素直さと誠実さを持ち、意中の異性に接した方が幸せになれる確率はグッとあがります。
スポンサーリンク